麺について

Q. 麺づくりにはどんな材料を使っているのですか?

「こだわり麺」には内地産(国内産)の小麦粉を、
「調理麺」には、オーストラリア産の小麦粉を使用しています。
オーストラリアでは最近、日本人の嗜好に合わせた小麦粉が作られるようになりました。

Q. いろんな麺が作れるのはなぜですか?

photoうどん、そば、中華めんなどの麺は、粉と水を混ぜ合わせたものなので、材料が変わっても粉と水を混ぜ合わせるものであれば、同じ機械で作ることができます。麺以外でもギョウザの皮やお好み焼なども作ることができます。(実は、今里食品のお好み焼は隠れたヒット商品なんです。)
また、梅田のイタリア料理店へは、麺をカットしないで板状のまま納品しています。